不動産会社の売却査定の方法|滋賀県大津市・草津市・栗東市・守山市・野洲市・近江八幡市・東近江市・湖南市の不動産売却・不動産買取り

お電話でのお問合せ

077-598-0832

【営業時間】電話(9:00~19:00)メール(24時間) 【定休日】水

店舗情報

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

〒525-0051

草津市木川町848-1

ARPEGE草津1F

077-598-0832

077-502-0080

電話(9:00~19:00)メール(24時間)

無料査定!秘密厳守!   適正価格!スピード対応!

会社概要

◆不動産会社の売却査定の方法

所有している不動産がいくらで売れるのか?
不動産会社の売却査定には「机上査定」と「訪問査定」の2つの方法があります。

机上査定(無料)

「とりあえず価格だけ知りたい」という場合は、わずらわしいこともなく簡単でオススメです!
 
下記の情報を伺えば、周辺の売出し価格や成約の事例・市場の動向などを調査した上でおおよその売却金額を算出することが可能です。 
査定依頼時に必要な項目◆
①物件の所在地(土地の場合は地番、住居の場合は住所)
②土地の面積 (売買契約書及び登記事項証明書に記載)
③建物の面積 (売買契約書及び登記事項証明書に記載)
④建物の間取り(3LDK・4LDK等)
⑤建物の築年数(新築時の年月、改築時の年月・箇所)
⑥建物の構造 (木造瓦葺2階建て、軽量鉄骨造2階建て等)
※③以下は居住用物件の場合 

訪問査定(無料)

お客様のもとに伺い、実際の不動産を拝見して査定を行います。売却のご事情やリフォームなどの思い入れ・今後の意向などを伺い、現在の不動産市場やエリアの特性を踏まえ、「業者買取」での売却金額と「仲介販売」での売出し価格と成約予想金額を算出します。

売主様のご事情を考慮し、最適な売却スケジュールや最善の販売戦略、物件のアピールポイント・差別化などをまとめ、売却プランをご提案させて頂くので、具体的な話を聞いた上で検討をご希望の際には訪問査定がオススメです!

▼不動産会社の選び方

不動産を売却される際は、不動産売却仲介専門業者への依頼がオススメです!
不動産売却仲介専門業者へ査定依頼をオススメするポイント

Ⅰ.住宅会社の担当者は自社の商品を売ることが一番評価される
Ⅱ.不動産買取専門業者は安くでないと買わない
Ⅲ.不動産売却仲介専門業者は成約に至らないと意味がない

住宅会社に販売を依頼するリスク

滋賀県内には多くのハウスメーカーや工務店・設計事務所などがあり、小規模な住宅地から数十宅地もの大きな分譲地を手掛ける住宅会社が多く存在しています。
「建築条件付き土地」を○○住宅、〇〇ホーム、○○ハウジング、〇〇工房といった住宅会社などから購入された場合です。その様な住宅会社の多くは、住宅の建築・改築をメインの業務としていますので、一戸建やマンション・土地・駐車場・田・倉庫・収益物件などの不動産の売却業務を専門で行っていない場合があります。不動産の仲介業務を行える営業担当者も中には居ますが、仲介業務での売上げより自社商品を売った方が、営業成績も会社の評価も高い場合が多いので親身な対応が期待できなくなってしまいがちです。 元々購入をした住宅会社に不動産の売却を任せる場合は、不動産の仲介専門部署(担当者)があるか確認された方が良いでしょう。

買取業者に売却するリスク

そして、不動産の買取専門業者は、一戸建やマンション・土地などを買取り、古くなった箇所のリフォームや間取りの変更など、市場のニーズに合う様に加工し新たな不動産へ生まれ変わらせて販売します。近年、中古住宅・リフォーム市場の活性化を政府も後押しし、一般の購入希望者も安心して中古住宅の購入ができるように環境の整備も行われてきています。しかし、売却となると話は別。不動産業界に関わらず、「安く買って高く売る」 がビジネスの基本となるので、売主様からすると、高値で売れるかも知れないご所有の不動産を安く買い叩かれてしまうリスクがあります。買取専門業者へ売却される場合は、少し面倒ですが何社か相見積りを取った方が、少しでも高い売却につながります。

売却するなら仲介専門業者がオススメ

その点、不動産売却仲介専門業者への依頼が、売主様にとって一番良い形での売却につながります。不動産売却仲介会社の利益は仲介手数料。売主様より査定の依頼・販売の依頼を頂いても、実際に買手がつき成約に至らない限りは1円も入りません。その為、成約に向けた販売活動を勢力的に行います。
しかし、残念ながら不動産仲介業者の中にも、売主様と買主様の双方から仲介手数料を受け取る為に媒介契約を締結してもレインズに情報登録をしなかったり、他社には物件情報を出さない『物件隠し』や、
他社からの案内や購入希望の申し出には「商談中」や「契約予定」と返答する『囲い込み』といった、売主様にとって不利益となる悪質な行為を伝統とし、慢性的に行っている会社(担当者)もあるので、不動産仲介会社選びにも注意が必要です。

※悪質な不動産会社へ注意※

  • 不動産会社の「物件隠し・囲い込み」とは?

    不動産会社の「物件隠し・囲い込み」とは? 売主様の期待を裏切る悪質な行為の手法やその対策方法をご紹介。この悪質な手法を知り気をつけることが、不動産売却の成功に繋がります!
    不動産会社の闇

    2019年04月25日

▼よく読まれる記事▼
ページの先頭へ