売却時の媒介契約の種類|滋賀・京都の不動産売却お任せください!!

お電話でのお問合せ

077-598-0832

【営業時間】電話(9:00~19:00)メール(24時間) 【定休日】水

店舗情報

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

〒525-0051

草津市木川町848-1

ARPEGE草津1F

077-598-0832

077-502-0080

電話(9:00~19:00)メール(24時間)

無料査定!秘密厳守!   適正価格!スピード対応!

会社概要

不動産売却時の媒介契約の種類

ご所有の不動産の売却をご依頼いただく際には、売主様と不動産会社の間で媒介契約(ばいかいけいやく)の締結が必要となります。この媒介契約の締結は宅地建物取引業法で義務付けされており、契約の形態が3種類ありますので、それぞれの契約の種類をご紹介します。

媒介契約の種類は3種類

1.専属専任媒介契約
2.専任媒介契約
3.一般媒介契約 

1.専属専任媒介契約

売主様は仲介販売の依頼を行う不動産会社を当社(1社)にのみ依頼する契約です。
売主様は他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することはできません。
また、売主様が自ら購入希望者(親戚・知人・友人等)を見つけ、直接交渉した場合などでも、当社を通して取引することが条件となります。
 
このように、専属専任媒介契約では、売却活動の全般を1社に任せる契約です。ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して強い拘束力を持つ契約なので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務は、以下の内容を守る責任を負います。

(1)媒介契約の有効期間は3ヶ月以内
(2)1週間に1回以上、販売活動の業務処理状況の報告
(3)媒介契約の締結日から、5日以内に指定流通機構(通称:レインズ)に物件の登録が義務

2.専任媒介契約

売主様は仲介販売の依頼を行う不動産会社を当社(1社)にのみ依頼する契約です。
売主様は他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することはできません。
なお、売主様が自ら購入希望者(親戚・知人・友人等)を見つけ、直接交渉した場合などについては、依頼した当社を通さずに取引することができます。 

 
 専任媒介契約は専属専任媒介契約と同じく、売却活動の全般を1社にのみ任せる契約です。専任媒介契約も依頼者に対して強い拘束力を持つ契約なので、専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務は、以下の内容を守る責任を負います。
 
(1)媒介契約の有効期間は3ヶ月以内

(2)2週間に1回以上、販売活動の業務処理状況の報告

(3)媒介契約の締結日から、7日以内に指定流通機構(通称:レインズ)に物件の登録が義務

3.一般媒介契約

売主様は仲介販売の依頼を行う不動産会社を複数社に依頼することができる契約です。また、売主様は自ら購入希望者(親戚・知人・友人等)を見つけ、直接交渉した場合などについても、依頼した不動産会社を通さず直接取引することができます。

 
一般媒介契約は、依頼者に対しての拘束力が弱く、仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務は、専属専任媒介契約や専任媒介契約のような法規制を負うことはありません。

(1)媒介契約の有効期間は3ヶ月以内が好ましい

(2)販売活動の業務処理状況の報告は任意

(3)指定流通機構(通称:レインズ)に物件の登録を行うことは任意

媒介契約の種類と特徴のまとめ

     
専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
他社への重ねての仲介依頼
自ら発見した相手方と直接契約
契約の有効期間 3ヶ月以内 3ヶ月以内 法令上の制限なし
(行政の指導は3ヶ月以内)
レインズへの登録 媒介契約締結日より5日以内 媒介契約締結日より7日以内 法令上の制限なし
(任意での登録は可能)
販売活動の業務処理報告 1週間に1回以上 2週間に1回以上 法令上の制限なし
(任意で求めることは可能)

この3種類の中から、いづれかの形態で媒介契約を締結すると、本格的に販売活動がスタートできます。売主様の中には、複数社の不動産業者と一般媒介契約を締結することが不動産業者同士の争いにつながり、売却への早道だと思われる方もおられますが、一概にそうでもありません。

売却理由や不動産の種類・エリア、売主様のご移行に合った内容の媒介契約を締結することが、ご所有の不動産を高く!早く!売却することにもつながってきます!
▼よく読まれる記事▼ 
ページの先頭へ