不動産会社の義務|滋賀県大津市・草津市・栗東市・守山市・野洲市・近江八幡市・東近江市・湖南市の不動産売却・不動産買取り

お電話でのお問合せ

077-598-0832

【営業時間】電話(9:00~19:00)メール(24時間) 【定休日】水

店舗情報

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

滋賀で不動産売却はZero不動産販売

〒525-0051

草津市木川町848-1

ARPEGE草津1F

077-598-0832

077-502-0080

電話(9:00~19:00)メール(24時間)

無料査定!秘密厳守!   適正価格!スピード対応!

会社概要

売却時の不動産会社の義務

不動産会社がお客様より不動産の売却の依頼を受けた際には、媒介契約を結び、依頼を受けた不動産が早く売れるように、販売促進を行う責務があります。
より高く、より早く不動産を売却する為には、より多くの購入希望者へ紹介することが必須となり、依頼先の不動産会社だけで販売となると、購入希望者への紹介が限られてしまい、売主様からすると早期に売却することができず、依頼先の不動産会社に問合せをしなかった購入希望者様からすると、その物件に巡り合えないといったお互いにとって不都合・不利益が生じてしまいます。
そこで不動産会社がお客様より売却の依頼を受けた際には、物件の情報を不動産流通機構(通称:レインズ)登録することを国土交通大臣は義務づけているのです。
レインズにて物件情報を不動産会社間で情報共有することにより、全国の不動産会社に問合せをした購入希望者は物件の情報を確認することが出来ます。
レインズへオンライン登録を行うことで、売却の依頼を受けた不動産を関西全域(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)の不動産会社へ情報共有することができ、より多くの購入希望者へ物件の紹介が行えるのです。

しかし、不動産会社の中にはこのレインズ登録をせずに、自社の利益だけを求める悪徳業者も数多く存在します。 その他、レインズへの物件の登録は行うが、他社には契約させない「囲い込み」を行う悪徳業者も存在します。
本来、売主様から不動産の売却を依頼された際には、不動産会社は国土交通大臣指定のレインズに登録し、できるだけ早く購入希望者が見つかるように努め、売主様の利益を確保する責任があります。

しかし、不動産会社への売却の依頼の方法によっては、このレインズ登録が義務化されていないケースがあるので、注意が必要です。 
ページの先頭へ